ペットロスは病気じゃない

こんばんは。

今日知り合いに聞いたお話。

全く普通の品のある紳士。


パートナーだった犬が亡くなり、亡くなった後もリュックを背中に

毎日の散歩コースを一人で散歩するんだそうです。

リュックの中は、愛犬の遺骨が入った骨壺だそうです・・・・・。

何年も何年も・・・・

朝も夜も決まった時間に喜ぶ愛犬を連れて散歩に出ることが日課だったんですね。

健康のため、愛犬のため、自分の人生で日課となった大切な時間だったのでしょう。



ペットロスは病気ではないんです。

ただ、

ひたすら従順に自分を愛するパートナーを失った心の穴ってすごく大きい・・・・。

この気持ちは、全ての方に理解されるものではないのでしょう・・・。


新しい子を迎えれば元気になれるよ・・・・

そんな心無い言葉をかける人には到底理解の出来ないことなのでしょう。



紳士は愛犬の死で3日会社を休んだそうです。

それをまただらしない…と笑う人もいるのでしょう。


理解できない人には理解できない。

そんなことは世の中にごろごろしていますから、理解してもらおうと思わなくてもいい。



でも、理解できる人も多く存在するということ。



私は理解できる。

理解しすぎて涙がこぼれます。



もうここにはいないことなんて、分かってるんです。



そんな時、私を励まさないでって思います。


病気じゃないんですから・・・・。


ただ、心が苦しくて涙が止まらないだけなんだから・・・・・。
[PR]
by lisho | 2007-11-11 01:50 | 知っておきたいこと


<< ちょっと短すぎたかな(^_^;) 素敵な写真を撮りたい >>