厚生労働省、捕獲の犬処分について殺さずに飼い主見つけるよう異例の指導を全国へ

2007年、5月の記事です。
3日しか命の猶予が無いのは、悲しすぎますよね。
7400匹の処分・・・・・。全て人間の身勝手です。
この現状を変えられない自分の無力さを痛感します。007.gif


厚生労働省、捕獲の犬処分について殺さずに飼い主見つけるよう異例の指導を全国へ                                                                              2007/05/16

厚生労働省は16日までに、保健所職員が街頭などで捕まえた野犬や飼い主不明の犬の処分について、できる限り殺さず新たな飼い主を見つけるよう都道府県や政令市など保健所を運営する全国の自治体に文書で指導した。厚労省は「同法が制定された昭和20年代に比べ、動物愛護の意識は格段に高まっている。殺される数を減らすよう保健所職員も努力してほしい」と生命尊重を呼びかけたもので、人の健康を担当している厚労省が、動物愛護の観点に立って自治体に働き掛けをするのは異例の措置という。

保健所では、捕まえてから2日たっても飼い主が名乗り出ない犬のほとんどを殺処分しており、2005年度に捕獲された犬は88,827匹で、うち飼い主が見つかったのはわずか14,410匹という。狂犬病予防法に基づく措置だが、捕獲した犬の飼い主が名乗り出ない場合は「処分できる」と規定されているだけで、予防法の処分とは、殺すことに限定したものではないというのが同省の結核感染症課の見解だが、しかし、多くの保健所が3日目にガスや薬物注射などの方法で殺しているのが実態で、これに対し、動物愛護団体や動愛護議員連盟の国会議員らは「たった2日間の猶予でほとんどの犬が殺されてしまうのは残酷」などと厚労省に見直しを訴えていたことに答えたもの。




にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ  人気ブログへ"   1回クリックしてもらえると嬉しいです
[PR]
by lisho | 2007-12-27 10:38 | 知っておきたいこと


<< 川崎で全国最大規模の高度医療セ... ペットのメモリーボックス >>